「花文花瓶」を買取させて頂きました。|ガレのガラス工芸は高価査定を実施しておりますのでお気軽に御相談ください。

「花文花瓶」

ガレ

花文花瓶

・製作年:-
・技法:西洋アンティーク

ガレ 作品の売却をご検討のお客様へ

ガレの西洋アンティークは市場価値が高い為に、当社では他社に比べてもより高い査定額のご提示・高額買取に努めさせて頂いております。ガレ「花文花瓶」をお持ちで、現在、売却をご検討のお客様はアート買取協会まで御相談ください。他の買取会社よりも高い買取を頑張らせて頂きます。   

エミール・ガレの作品価値と買取相場

「花文花瓶」の作者として有名なエミール・ガレは、アール・ヌーヴォー(19 世紀末から20 世紀初頭の「新しい芸術」を意味する美術運動)を代表する、フランスのガラス⼯芸家です。美術だけでなく、⽂学、哲学、植物学、鉱物学に精通し、その知⾒を作品に盛り込みました。
⾼島得三(のちの⽇本画家・⾼島北海)との出会いにより、⽇本美術への⾼い関⼼を抱き、⽇本的・東洋的な作品も数多く制作しています。ランプのほか、モチーフにトンボやキノコの⽂様が使われている作品は希少価値が⾼く、⾼額買取の対象となっています。

アート買取協会ではフォーム・電話による買取査定以外にも、メールでも簡易査定を実施しております。

選べる3つの買取査定方法